エギングのコツとイカ釣りの基本!初心者でも釣れる!

2020年10月6日


  • エギングとは
  • エギングのシーズン
  • イカの習性
  • 釣れる時間帯
  • やり方とコツ
  • 仕掛けとタックル

エギングとは!?

エギングとはエギと呼ばれるルアーでイカを釣ることです。主なターゲットはイカの王様アオリイカ!コツさえ分かれば簡単に釣ることができ、さらに食味が良いのでエギングは多くの釣り人に人気の釣りです!アオリイカの他にもコウイカ やヤリイカなど様々な種類を釣ることができます!


エギングのシーズン!釣りやすい時期は?

初心者がイカを釣るには??

春……イカは初夏に生まれ、春に子供を産んで死んでしまいます。春は子供を産みに磯や堤防などの浅瀬に親イカが現れます。釣れれば1キロ越えが普通の大物釣りを楽しむことができます。ですが、親イカは警戒心が強く、数も多くないため初心者には少し難易度が高いです。

※4〜6月のエギは3.5号を使っていれば良い◯

夏……夏に生まれるならイカは釣れない!って思ってる方はすごく多いです。ですが実際の所は出産の遅れた親イカ、早く生まれてきた子イカの2種類が釣れる時期なんです!ポイントが限られるのと、親イカと子イカではエギの号数が違うので初心者にはあまり向かないです。

※エギの号数は、、私は6〜7月は3.5号、9月は2.5号を使っています。

秋……初夏ら辺に生まれたイカたちが成長し、コロッケぐらいの秋イカサイズに育ちます!好奇心や食欲が旺盛で、数も多いので居るところに投げれば適当でも釣れちゃうほど簡単な時期です!初心者が始まるには秋が1番のおすすめ!

※エギの号数は9月は2.5号、10〜11月は3号で良い◯

冬……12月以降も釣れないことはないですが、水温が低下するとイカは深場に移動するので数は減ります。

※号数は12月以降は3号を投げておけば良い◯


イカの習性

イカは基本夜行性です。イカは藻や海藻の近くや磯や地面の駆け上がり、潮のよどれなどに居ることが多いです。

夜の常夜灯周りに寄ってきた小魚を捕食しにやってくるので常夜灯周りは欠かせません!


釣れる時間帯は?

エギングでは他の釣りと同様に朝マズメ、夕マズメが1番釣れるので外せない時間帯です!

※朝マズメは日が登る前後1時間。夕マズメは日が沈む前後1時間のことです。


日中と夜どっちが釣れる?

ぶっちゃけどっちもどっちです。それぞれのメリットデメリットを書いておきます。

日中のメリット…エギングは着底や当たりが分かりにくいのでラインが見えていると着底や当たりが分かりやすく釣果に繋がります!

日中のデメリット…イカは夜行性なので夜よりイカのやる気は少ない。

夜のメリット…夜行性なのでイカがやる気満々!着底と同時にイカが釣れることもあります!

夜のデメリット…ラインが見えないと着底、当たりが分かりにくいのでイカがエギを抱いていても気づかない場合などがあります。


ここまででイカの釣れる時期や時間、イカのいる場所がなんとなく分かったと思います。次のページからはエギングのやり方やコツなどを書きますので是非見てください!